読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『リーダブルコード』を読んで

今回紹介するのは、『リーダブルコード』という本です。この本は、より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニックを紹介しています。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

 

 シンプルで美しいコードは理解しやすく、保守もしやすい。内容を少し紹介すると、名前に情報を詰め込む、誤解されない名前、美しさ、コメントすべきことを知るなどをはじめとした、プログラマとして当たり前のことを丁寧に解説しています。

当たり前といっても、コードを保守することを考えれば、無視できないことばかりです。

 

本としては、読みやすく、1時間程度あれば、ざっくり読めるのではないでしょうか。

ただし、頭では理解できても、身につけるというのは、大変なトレーニングを必要とするように感じます。

 

この本の中で出てきた一節、「プログラマが学ぶべき最も大切な技能というのは、コードを書かないことを知ることかもしれない」というのは、かなり印象に残りました。

確かに、コードを書かないほうが、シンプルにできます。コードを書かないほうが保守業務を削減できます。

こうした金言も散りばめられており、プログラマにとっては、学び多い書籍となっています。

 

プログラマとして修行していくとき、こうした本の力を借りれることは本当にありがたいことだと思います。仮に、オープンソースのコードを読んで勉強するとしても、良いコードかどうかの見分けがつくかは、かなり後になってからだと思います。

こうした本の支援が得られることは、ただただ感謝です。