読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『シンプルに考える』を読んで

 C CHANNEL(元LINEのCEO)の森川さんの著書です。LINEといえば、みなさんご存知のあのLINEです。

シンプルに考える

シンプルに考える

 

  この本は次の3名の方に読んでほしいと思います。

  • LINEの森川さん時代の経営哲学を知りたい人
  • 頭の中がぐちゃぐちゃになっている人
  • 考えが硬直していると感じている人

 LINEのCEOだった方の経営哲学とは一体どういうものだろうか?CEO退任後、あきらかにしてくれたのが、この本です。

 森川さんは会社として重要なことは何かに対して、ヒット商品を開発しつづけることの重要性を指摘します。その上で、重要なのが社員だと、どういう社員が集まってくるかによって左右されるとも語ります。

 森川さんが今までビジネス経験を元に40個の方針を説明してくれています。

 

 個人的に気に入った方針を取り上げると、以下のとおりです

 1.「熱」こそが成功の条件である。

 2.ビジネスのシンプルは本質とは?

 13.「何もない」から鍛えられる

 14.「確信」がもてるまで考え抜く

 19.優秀な人ほど「喧嘩」をしない

 27.「ビジョン」はいらない

 28.シンプルでなければ「戦略」ではない などなど。

 

 どれも読んでみると納得のできる内容ばかりでした。最後の40個目の方針、ユーザは「答え」を教えてくれないは、深く感銘しました。そのとおりですね。

 個人レベルでのユーザの好き嫌いはわかっても、それがヒットするか否かの判断には使用できない。

 経営者となった場合、役に立つ方針が書いてありましたが、大企業の場合、取り入れるのは困難だと思います。現に、森川さんは以前の職場(日本テレビソニー)では、なかなか評価されなかったという事実を考えると。

 この本は、読者がどこからで読めるように、しかも1章あたり数ページ程度にまとめられていますので、とっかかりやすい本でした。いい本だと思います。