読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『人生で大切なことはいつも超一流の人たちから学んだ』を読んで

 アムウェイネットワークビジネスで年商900億円と言われる中島さんの本です。

 どんな事でも、そう簡単に諦めたりしない中島さんが、超一流の人達と出会って、どんな事を学んできたかを教えてくれた本です。

人生で大切なことはいつも超一流の人たちから学んだ

人生で大切なことはいつも超一流の人たちから学んだ

 

  この本は次の3名の方に読んほしいと思います。

  • 夢を持っていない人
  • 願いをすぐ諦めてしまう人
  • プロとは何者かを知りたい人

 

 この本では、中島さんがビジネスや遊びで出会った人たちとの素晴らしいエピソードを紹介しています。その出会った方々は、みんなが知っている有名人ばかり、びっくりです。中島さんの交友関係の広さを知ることができます。

 例えば、その有名人とはというと、一例を挙げると、マライヤ・キャリーさん、エルトン・ジョンさん、ビル・クリントンさん、ジャッキー・チェンさん…

 数々の人たちと出会ってきているのです。

 

 その中で印象に残った人たちは次の通りです。

 ①マライヤ・キャリーさん

 ②ユンディ・リさん

 ③ピエール・ガニュールさん

 

 ①夢:マライヤ・キャリーさん

 夢をあきらめない。夢を実現することへの情熱を、エネルギーをもらったような気がします。

 ②約束:ユンディ・リさん

 たまたま行った卓球の試合でユンディさんが中島さんに負けたことにより、中島さんのリクエストをユンディさんが実行することに。中島さんのリクエストを実行する彼の姿に感動させられたのでした。詳細は読んでみてください。

 ③プロ意識:ピエール・ガニュールさん

 中島さんの誕生日イベントで、料理をすることになったピエールさん、イベント会場での制約のため、火が使えない状況で料理を行うことになります。その際にとった彼の姿勢に素晴らしさを実感しました。

 

 どれもさらりと書いてあるので、ふーんと通り過ぎそうになるのを、抑え込みながら読みました。どれも短いエピソードなので、読みやすくなっています。ただ、どのエピソードも本に書いている雰囲気とは異なり、いろいろあったことを感じさせてくれます。すんなりとは行っていないはずです。

 また、この本はブックデザインも良く、目に優しい構成になっています。

 今後も折に触れて読み直したいと思わせる本です。