nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」を読んで

 女性経営者として有名な経沢さんが書いた本です。

 経沢さんはトレンダーズという会社を起業して女性の社会進出に貢献をしてきました。その彼女がそのトレンダーズを退職して、新たにカラーズという会社を起業した。

 このカラーズの立ち上げに至る最近の一年間を描いたブログ記事をまとめたものです。

この本は、次の3名の方に読んで欲しいと思います。  

①シングルマザー、シングルファーザーの方<

②再起を図っている起業家<

③女子学生の方

 

一度、成功した会社を捨てて起業するというのは、なかなか勇気が必要になると思います。

 そのまま創業者として、のんびりと過ごす道もあったでしょう。

 でも、著者はあえて再度起業する道を選びます。

 何故、著者は再度起業する道を選んだのか?

 

 その理由がこの本のなかで描かれています。

 語られていませんが、トレンダーズの幹部との確執が相当あったのではないかと思います。

 この本の中では、著者と幹部との方向性が変化していくことはほとんど描かれていません。

 この本の構成としては、それでよかったと思います。無理に訊き出すべき話ではないので。

 

  後半は、著者がベビーシッターサービスに関しての怒涛のようなアクションを起こしていく様子が描かれていて気持ちよくよめると思います。

 

  この本を読んでいくにつれて、著者が立ち向かっていかなければならない状況の大きさに、なんとも言えない複雑な気持ちになったのでした。

 

 今後、何かしら縁があれば、協力していきたいと思いました。

 

 著者の経沢香保子さん、ITmediaの伏見さん、秘書の小野愛さん、やり直すことへの勇気を与えてくれる本を出版していただき、ありがとうございました。