nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』を読んで

 10月下旬から11月中旬まで、調べてもらえたらわかると思いますが、ブログ更新を頻繁に実施していました。そして、この時期急な仕事を行うことにもなり、結構大変な時期だったように思います。

 でも、この時期が一番充実していた。そのあと、ブログ更新が滞り、仕事も遅延するようになった。なぜだろうと正月休みに考えていました。

 その結論は、仕事に向かう時のコンディションが良くない。なぜ、良くないのか、その原因は?と考えた時に出てきた答えが食事でした。

 別の本で食事のことを指摘され、以前から食事のことを触れているこの本を手に取る次第に。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 

 この本は次の3名の方に読んでほしいと思います。

 ①多忙で食事をうまく取れない経営者の方 

 ②肥満で苦しんでいる方

 ③活力を取り戻したいと考えている会社員の方

 

 この本は、体重が140キロを超えた著者が、なんとかダイエットしようと思い、自分の体をハックした経緯とその過程で得た知識をまとめた内容になっています。

 この本を読む前に、予習として「GO WILD」を読んでおくといいでしょう。

 なぜなら、カロリーを削減する手法にこだわっている人には、この著者の考え方がまるで理解できないだろうから。

 

 とにかく、今まで医療業界の常識を覆す内容が書かれています。

 著者が言うには、体は食品を食べることによって作られています。食品をおろそかにすると、体もそうなってしまうということを語ります。

 まず、食品に関する問題点をあげます。

 ①食品がもともと防御のために持つ毒素(酸)

 ②食品に繁殖するカビ

 これらを不用意に食べることによって、体に取り込まれて、コンディションを崩すことが語られています。

 

 これらを防ぐためには、どうしたらいいのか?

 これについて、著者が調査した結果を掲載してくれています。その量のすごいこと。まずは手にとって読んでみてほしいと思います。

 食物の毒素の話から、人間の脳の話まで、幅広く展開されています。明日から使える知識が満載です。

 

 個人的に面白かったのは、コーヒーがいい飲み物だということ。カビの問題はありますが、それをクリアすると、非常にいい飲み物であることが解説されています。

 そして、ココナッツオイルとグラスフェッドバター(牧草のみを食べさせた牛の牛乳から作られたバター)とコーヒーの組み合わせで、素晴らしい飲み物ができるという話は面白く、明日からやってみようと思いました。

 ただ、グラスフェッドバターは、すぐに入手できないので、今は無塩バターになってしまっていますが。

 

 で、この本を読んで気が付いたことは、1日一食の生活が崩れてしまっていたことでした。これが根本的な原因で、ブログの更新等の時間を確保するよう早起きできていなかったようです。

 もう一度原点に戻って頑張ります。

 

 ここでの紹介は、この本のほんの一部です。食品についての固有の毒素の紹介や、レシピの紹介など、数多くの資料がありますので、気になった方は書店でぜひ、手にとってみてください。きっとびっくりすると思います。

 

 著者のデイブ・アスプリーさん、翻訳者の栗原百代さん、装丁担当の井上新八さん、本文デザイン担当の荒井雅美さん、校正担当の円水社の皆様、製作進行担当のダイヤモンド・グラフィック社の皆様、編集担当の三浦岳さん、ダイヤモンド社の皆様、コンディションを向上するための知識を提供してくれる本を出版していただき、ありがとうございました。