nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『夢がかなう時、「なに」が起こっているのか?』を読んで

 本田健さんの今週のDearKenで紹介されていた本だったと思います。もしかしたら、違うかもしれないが、私にとっては昔の成功していた自分を思い出すいいきっかけとなりました。

 Amazonの書評では、不評な評価もあったりしますが、個人的には大満足の1冊でした。

夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?

夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?

 

  この本は、ドリームを実現したい方に読んでほしいと思います。

 

 この本はズバリ願望達成法の本です。前から順に読み進めてもいいですが、時間のない方は、第2章を読むといいと思います。

 第2章のポイントは、願望を実現したイメージにして、寝る前に紙に書くというもの。

 私は、ここだけしか印象に残っていませんが、この本の中で一番重要な部分だと思います。詳細は、この本を読んでみてください。体験談などをもとに語ってくれていますので、やり方の詳細が学べます。

 著者によって開発されたオリジナルの方法が説明されていて、より早くドリームを実現できる工夫がされています。

 これを100日以上、忘れずに行い続けると、何かが起きるとのこと。

 

 繰り返しますが、この部分は非常に重要なので、繰り返して読んで、書いてあることにピンときたら、実践してみてください。

 

 なぜ、こんな話をするか?というと、私自身、大学受験、大学院修士課程受験の際に、これと似たことをして合格しているからです。

 ただし、残念ながら、博士課程の進学の際には、これを行なっていなかったため、叶わぬことになりました。

 この昔の体験を思い出させてくれました。

 もうずいぶん、昔の話なので、すっかり忘れていましたが、これを機に実践していこうと思います。

 

 もっとも願望達成のための注意点もあり、これを踏まえて行動しないと、願望が実現できないということも書かれています。

 

 著者の石田久二さん、装丁・本文図版担当の冨澤崇さん、装画担当のsenoldo-Fotolia.comの皆様、編集協力担当の株式会社ぷれすの皆様、編集担当の金子尚美さん、株式会社サンマーク出版の皆様、成功に導く方法を教えてくれる本を出版していただき、ありがとうございました。