読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『ずっとうまくいく人の習慣』を読んで

 作家であり、お金と人生に関してのセミナーを行っている本田健さんの本です。

 本田健さんは、ベストセラー作家になっていらっしゃっていて、累計、なんと七百万部に到達しそうだとか。すごいですね。

 そんな本田健さんの本です。最近は、以前紹介した「決めた未来しか実現しない」が有名ですね。この本に関する講演会も実施されていて、私も参加してきました。今回はその話ではなく、本田健さんが出版された、習慣に関する本の紹介です。 

  この本は、ズバリ、今の人生がうまくいっていないと感じている人に読んでほしいと思います。

 本田健さんの語り口は非常に優しいので、気分良く読めるはずです。

 この本では、人生に関してどういう習慣を作っていければ、幸せを感じることができるのかが、44項目の習慣を取り上げて説明してくれています。

 この中で、あなたがピンときたものを実践してみたら、効果があると思います。

 

 では、この本の中で、印象に残ったことを取り上げましょう。

 1.「自分がやりたいこと」を優先させる

 28.「自分でなくてもいい仕事」は一切しない

 38.迷ったら、「やってみる」

 41.「自宅をリゾート化」する

 43.「ひとりの時間」を大切にする

 

 1.「自分がやりたいこと」を優先させる

 ワクワクしている時に、自分自身の最高の力が発揮させるという本田健さんの主張が展開されています。これは納得です。確かに楽しいことをやっている時には、どんどん、いろんなアイデアを思いついたりするので。

 28.「自分でなくてもいい仕事」は一切しない

 自分がやりたい、やるべき、やらなくてもいい仕事と3つの分類を行って、自分はやらなくてもいい仕事は一切しないことを主張されています。

 確かに、自分でなくてもいい仕事をやっていくと、本来の作業時間では片付かないことが多くなり、残業が増えて…という悪循環になるので、これも納得ですね。

 38.迷ったら、「やってみる」

 失敗しても、命まで奪われるということは滅多にありません。その意味で失敗しない生き方を頑張りすぎるのは、いかがなものか?という本田健さんの主張はわかるのです。ただ、実践するのは難しい。

 41.「自宅をリゾート化」する

 自宅で楽しめる、リラックスできることの重要性を語ってくれています。確かに、これも重要ですね。

 以前、「なぜ一流の人は自分の部屋にこだわるのか?」を紹介しましたが、本田健さんも自宅には徹底的にこだわっている様子が伺えます。

nishiikatsumi.hatenablog.com

 43.「ひとりの時間」を大切にする

 一人の時間を大切にすることの重要性は、常に感じています。一人の生活の楽しさを知りすぎると、私のように独身になるので、あまりお勧めできないですが。

 一人の時間を持つことは大事です。この時間があなたに大きな気づきを与えてくれることもあると思います。

 

 この本の中で、違和感を感じる習慣はなく、やっていないから、やるようにしなきゃというのが感想ですね。

 読んでいて、なるほどと思うことが多いと思います。

 他にも、5.「ムダ遣い」の豊かさを味わう、11.「心に寄り添える人」になる など、深いなと感じる習慣が取り上げられていて、自分を見直す一時となりました。ありがたいです。

 

 著者の本田健さん、編集協力の出水田美穂さん、制作担当の誠宏印刷株式会社の皆様、三笠書房の皆様、良い習慣に導いてくれる本を出版していただき、ありがとうございました。

 

 最後に、「決めた未来しか実現しない」は、以前、このブログで紹介しています。興味のある方は読んでみてください。

nishiikatsumi.hatenablog.com