nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

異なる業界からアクションアイテムをもらう

 弊社の次年度活動計画の検討する時期が来た。

 この検討時期はいつも憂鬱なのだが。

 

 今年はちょっと変わった方針で検討してみようと思っている。

 どういうやり方かというと、類推を使う。

 

 つまり、全く他の業界の会社のことを考える。

 そこで発生し得るテーマが弊社の活動計画に取り込めるか?を考える。

 

 今、考えようとしているのは、お餅の販売会社である。

 半導体を開発製造している弊社とは全く関係ない。

 

 しかし、類推を使うと問題点、解決案が導かれそうな気がしている。

 果たして、これが当たるか?明日から検討する。