nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『あなたの収入が必ず増える!!即断即決「脳」のつくり方』を読んで

 認知脳科学者、カーネギーメロン大学博士の苫米地英人さんが書いた本です。

 苫米地さんが書いた本は、「立ち読みしなさい!」をはじめ、何冊か読んでいます。

 苫米地さんが書いている本は、「主に自分が考えようとせずに他者に依存するスタイルはやめなさい、止めるためにはこうすればいい」という内容が多いように思えます。

 この本もそんな感じの本です。読みやすく、だいたい30分程度読み終えるように工夫されているように感じます。

  この本は次の方に読んでほしいと思います。

 ①収入を上げたい方

 ②レストランでメニューを決められない方

 ③人生を変えたい方

 

 この本では、まず即断即決できることが、いかに自分を豊かにしてくれるかを教えてくれます。即断即決すると、まず悩む時間が減るので、圧倒的に自由な時間が増えるとのこと。

 では、なぜ、多くの人たちが、その即断即決するとができないのでしょうか?

 この本では、その原因が個人が持っている知識の量だと語ります。知識が少ないと決断に苦しみます。では、知識を増やすためにはどうすればいいのかというと。

 知識を得ていくための工夫が書かれていて、これは当たり前なのですが、納得しました。(インターネットを使うとか…)

 

 即断即決できると、悩む時間が減り、圧倒的に自由な時間が増えますが、これを実現するためにやるべきことは、具体的には、IQを上げるべきだということをこの本は教えてくれます。

 IQを上げるためには、3つの項目(グレインサイズ、クロックサイクル、知識量)の観点で改善する方法を提供してくれています。

 

 読んで、印象に残ったのは、以下の項目です。

 ①即断即決は収入を上げます。

 ②即断即決を行うためには、IQを向上させなければならない。

 ③IQは常に状況に応じて変化するもの、最高の状態に持っていく工夫をすること。

 ④即断即決を行うためには、数日後の行動をイメージして計画すること。意図しないことが生じた場合、臨機応変に対応することが必要。

 

 ④については、即断即決できないのは、自分が何をしたいのか?明確にイメージできていないためだそうです。では、イメージするためにはどうすればいいかを教えてくれたのが、この言葉でした。

 数日前から、当日の行動を明確にイメージしておくことで、レストランに入っても食べたいもので悩む時間をなくすことができるとのこと。

 

 日本の会社の会議がいかに無駄かも語られていて、これは納得です。弊社も無駄な会議が多いので。

 

 今後は私も数日前から明確にイメージを膨らませて、行動に移していきます。簡単に描かれている本ですが、非常に奥が深いなと感じました。

 

 著者の苫米地英人さん、本文デザイン担当の浅海司さん、印刷・製本担当のみつわ印刷株式会社の皆様、カバーデザイン担当のまたねデザイン株式会社の皆様、株式会社ゴマブックスの皆様、人生を向上させる素敵な本を出版していただき、ありがとうございました。