読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『LIVE SIMPLY シンプルに生きるための162のコトバ』を読んで

 ハワイと東京でデュアルライフを送る本田直之さんの本です。

 現在の本田さんは、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果を上げるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行っているそうです。

 つい先日、アップルストア銀座店で四角大輔さんと対談イベントがあったり、公私共充実していらっしゃるようです。

Live Simply シンプルに生きるための162のコトバ

Live Simply シンプルに生きるための162のコトバ

 

  この本は、次の3名の方に読んでほしいと思います。

  • そろそろ就職活動を始めようと思っている学生の方
  • 入社して3年以内の会社員
  • 今の自分の働き方がしっくりこない方

 この本は、累計250万部突破の著者が自己の著作から、いい言葉を厳選して本にしたものです。帯には常識を打ち破り、自由で新しい働き方を手に入れるための、珠玉のフレーズ集と書かれています。

 で、どの本から厳選したかというと、それは次の通りです。

  • レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則」 幻冬舎新書
  • レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術」 東洋経済新報社
  • レバレッジ勉強法 仕事に役立ち、継続的なリターンを得る」 大和書房
  • レバレッジ人脈術」 ダイヤモンド社
  • レバレッジ英語勉強法 偏った英語でレバレッジポイントを目指せ!」 朝日新聞出版
  • 「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」 大和書房
  • レバレッジ・マネジメント 少ない労力で大きな成果を上げる経営戦略」 東洋経済新報社
  • 「本田式サバイバル・キャリア術」 幻冬社
  • 「なまけのあなたがうまくいく57の法則」 大和書房
  • ビジネスパーソンのための家計簿 本田直之式アカウントブック」 主婦の友社
  • 「意思決定力「決断」を仕組み化する55のルール」 ダイヤモンド社
  • 「パーソナル・マーケティング どんな時代でも”選ばれ続ける人”になる39の法則」 ディスカバー・トゥエンティワン
  • 「額に汗する幸福論」 かんき出版 しりあがり寿氏との共作
  • 「カラダマネジメント術!」 マガジンハウス
  • 「たった3つのクセを直せば人生がうまくいく」 中経出版
  • 「ゆるい生き方 ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣」 大和書房
  • 「7つの制約にしばられない生き方」 大和書房
  • 「ホウレンソウはいらない! ガラパゴス上司にならないための10の法則」 日本経済新聞社
  • ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと」 朝日新聞出版
  • 「LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた。」 ダイヤモンド社
  • 「会社で不幸になる人、ならない人」 日経プレミアシリーズ

 この本の構成としては、上記の本のフレーズを短く切り取り、そしてそのフレーズに対して、簡単な補足説明を加えています。それがわかりやすくていい仕上がりになっています。

 また、この本の視点としては、シンプルに生きる、生き方の選択を自己で行えるようになったということが前提としてあります。そして、自分の人生に責任を取ることが重要であると語ります。

 その上で、162のことばが出てきます。

 どれも、本田さんが過去経験してきてから学んだことばなので、重みがあります。

 印象に残ったの項目は厳選されただけあって多いのですが、強いてあげると次の通りです。

 ①ワークライフバランスよりもワークライフハピネス

 ②お金よりも成長

 ③年賀状を書かない

 ④仕事の向き不向きは自分ではわからない

 ⑤長期的な視点でやっていかない限り…

などなどです。

 この本を読み返すだけでなく、本田さんの過去の著作も目を通しておきたくなりました。何冊か電子書籍で購入してる本がありますので、読み直して、これらの言葉を味わっていきたいと思います。

 

 著者の本田直之さん、デザイン担当の井上新八さん、写真担当のアマナイメージズの皆様、印刷・製本を担当された中央精版印刷の皆様、そして最後に日本経済新聞社の皆様、素敵な本を出版していただきありがとうございました。