読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

ドクター ジョン・ディマティーニ 引き寄せの科学を視聴して

 先月の月末にドクター ジョン・ディマティーニのブレイクスルーエクスペリエンスに参加してきました。その時の感動から、ディマティーニさんのセミナー動画を購入することが増えてきました。

 

 先日、購入したのは、引き寄せの科学というものです。

 DVD2枚組で、プレミアムコース?だと、フォローアッププログラムがあり、自分自身が引き寄せたいことを実践してみることにしました。

 まず、DVD 2枚組の方に関して、これは2年前に実施されたらしいディマティーニさんのセミナーを記録したものだと思われます。通訳は、おそらくユール洋子さんでしょうね。

 導入部では、なぜ、引き寄せが失敗するのかで始まります。ロンダ・バーン著の「ザ・シークレット」ではカットされた、引き寄せに関する重要な事実が、このDVDの中で語れていきます。ここは、実際に購入して視聴してみてください。

 ディマティーニさんの語る「引き寄せられない」理由はもっともなことだと思いました。しかし、ほとんどの人にとってはショックな事実だとも感じました。

 セミナーの中では、「ザ・シークレット」を20回読み、「ザ・シークレット」のDVDを20回見たにもかかわらず、希望が実現できないと語る方の例が出てきます。

 しかし、その一方で、たった3年で歌手になったドリーミングガールの話が出てきて、この差が生じる理由が明らかにされました。

 このドリーミングガールはドリームを実現させた時は、なんと13歳だそうです。

 で、このドリーミングガールのようになるための極意が後半で語られています。私が記憶する限り、この状況を経験したのは、受験浪人を経験した2度目の受験の時でした。この時、私は、ディマティーニさんがDVDで語った、文字どおりその状態になれたので、見事に合格するに至った記憶を呼び起こしました。

 で、納得できたのですが、ここで私自身に関する非常に重要な疑問が。「それは自分は何をしたいのだろうか?」ということ。「誘惑にかられることではなく、本心から達成したいと思っていることは何か?」と、これをまとめきれていない自分だということに気がつきました。これでは、ドリームが叶うわけがないですよね。

 しかし、ディマティーニさんは、自分がどうしていきたいのかは自分自身が一番よく知っているとのことです。

 私自身、時間をとって、心の声をしっかり聞く必要がありそうです。

 

 フォローアッププログラムでは、実際に達成したいドリームを実現していくために、自分が何をやっていけばいいのかを指導してくれるようです。今時点では、DVDでも時間をとって触れていたアファメーションについてのフォローアッププログラムの動画を視聴しました。

 アファメーションについては、自分自身、かなり誤解していた部分があったので、フォローアッププログラムの動画は非常に参考になりました。

 

 ただ、まずは自分が何をどうしていきたいのか?考えることから始めたいと思います。なお、ディマティーニさんによると、大抵の場合、本人が心のそこから望む状況になっているとのこと。

 それは、確かにそうだなと思う反面、それを意図していないと思う自分がいることにも気づきます。果たして、「本当の自分が望んでいることとは?」と自分の心に問いかける毎日になりそうです。