nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

30年前と今を比較して

 30年前と今と比較して企業の業績を比較したツィートが流れてきたので、見てみた。

 

 30年前の時価総額の一位はNTTとのこと。

 変わって今の時価総額の一位はアップル、そしてグーグルやマイクロソフト、アマゾンが続く構図になっている。

 

 この日本企業の凋落はけっこうショックだけど、そのとき、別の視点で見るとこうも考えることができると思った。

 

 それはアップルやグーグルは30年後に同じように凋落しているだろうということ。

 おそらく、それはかなり高い確率で実現すると思う。

 

 企業としての経営手法がバラされて、いたるところでコピーされて、隅に押しやられる様が予想できる。

 また、破壊的なイノベーションによってあっさり駆逐されるかも。

 破壊的なイノベーションを教えてくれるのが下記の本です。面白いので興味ある方は是非。

 

イノベーションのジレンマ (―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press))

イノベーションのジレンマ (―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press))

 

Kindle本はこちらから

 

イノベーションのジレンマ 増補改訂版 Harvard business school press

イノベーションのジレンマ 増補改訂版 Harvard business school press