nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

何もしないことも有効な過ごし方

会社に勤務して25年になるけど、一見何もしないことが有効な過ごし方になるケースがある。

特に順調なときに人は結構馬鹿なことをしてしまう。

 

例えばこの先の需要が正しいか調査せずに

工場を増設したりする。

 

しかし世の中の動向が変わり、商品が売れなくなるというケースが結構ある。

日本企業は甘い見積もりで動いた報いを今受けているように感じる。

 

これは人生においても言える話だなと思っている。

通販で購入した商品があとになって本当に必要だったかを考えると理解できる。

 

結構無駄なものを購入している。

退屈さを紛らわせる行動はしないほうがいい。

 

そんな経験から、何もせずにいることが非常に大事ではないかと思うようになった。

一見退屈なときにどうやって過ごすか?考えてみよう。

 

収入が減るけど、いい未来が来ると思う

色々なビジネス本を読むと、これから不景気になるとか書いてあることが多い。

たしかにその主張には納得するのだけど、

 

それ以上にかつてないほどのテクノロジーの恩恵を受ける気がする。

振り返って見るとインターネットがそうだろう。

 

インターネットは多くの人の雇用を奪った。

中間点で取次いでいた人々の雇用を奪った。

 

そのおかげで手続きにかかる費用が激減した。

そして短期間かつ距離も気にする必要もなく完了する。

 

次の時代でリリースされる人工知能のテクノロジーで多くの人の雇用が失われるけど、

暮らしは想像以上に楽になるはずだ。

 

悪いことばかり考えるのではなく、いい方向に考えましょう。

デスクトップ型パソコンはオワコン?

先日から、もし2、3年後デスクトップ型パソコンを買い換えるのなら

今はMacBook Proを持っているのだが、近年持ち運ぶことがないので

 

それだったらノートパソコンでなくてもいいのではと思い

アマゾンでどれがいいか?と探してみた。

 

今の時点での結論はiMacの一択。

残念ながら、他のデスクトップ型パソコンでいいのは見当たらない。

 

というか?筐体が異常にでかく。???という気持ちになる。

どちらかというとノートパソコンのほうが充実していて

 

デスクトップ型パソコンはオワコンという感じがしている。

まあ、本当に買うことになったら、もっと必死に探してみるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咀嚼音って流行っている?

先日、迫さんというプログラマーの方のツィートで知ったことだ。

最近、咀嚼音の音声が流行っているらしい。

 

咀嚼音、つまり食べるときに出る音だ。

それがユーチューブで検索してみると数万回の再生は当たり前で

 

中には百万超えの再生回数の音声もある。

なぜ、それだけ支持されるのかは自分にはわからない。

 

だが、こういうものもバズるというのは驚きである。

www.youtube.com

 

もう何でもありですね。

AIで儲けた企業はお金をくばらない

前回の記事でひろゆきの本を紹介した。

nishiikatsumi.hatenablog.com

 

その中で語られていたことで、人工知能で儲けた企業はみんなにお金を配らないというのがあった。

人工知能が業務に適用されて、一部の企業は儲かる。

 

ただ、儲けた企業はお金を貯め込むので、一般庶民は貧乏になるという話。

 

これにはちょっと違う面があるのではと思った。

GAFAの技術を見て思ったことだけど。

 

たしかにGAFAの社員は高給だ。たしかに我々にお金は回ってきていない。

だけど、GAFAで開発された技術は我々を豊かにしてくれている。

 

検索やワンクリックで注文など、実現されて低コストで実現できるようになった分、我々は豊かになっている。

 

人工知能でお金は入ってこないかもしれないが、我々の生活をラクにしてくれる予感がする。

何かをするためのコストが少額になると思われる。

 

 

ひろゆきが語る日本の将来

匿名の掲示板2チャンネルを解説したひろゆきさんが本を出している。

タイトルは、「このままだと、日本に未来はないよね。」というもの。

 

文字通り、序盤の展開は、いかに日本に未来がないかを語ってくれる。

なぜなら、高齢者が政治を握り、若者がそれに従うしかない現実。

 

そして、実施される政策は、高齢者に有利であること。

若者の教育に投資するべきお金が高齢者に回されている。

 

そのため、人材、産業が育っていない。

どんどん他の外国から取り残されていることなどが語られている。

 

序盤は暗い感じなのだが、後半は近未来の予想で、これは面白く興味深かった。

この本の内容は、おそらくブログやユーチューブで語られた内容をまとめたもののようにみえる。

 

お金がない人はユーチューブで検索して数十時間かけて視聴したほうがいいと思う。

エッセンスをすぐに知りたい人は買って読もう。オススメである。

このままだと、日本に未来はないよね。

このままだと、日本に未来はないよね。

 

 

 

 

誰しもとっさに答えられる賢さはもっていない

昔、よく思っていたことだが

賢い人はすぐに答えを出せる。そうすぐにと。

 

実はそうではなく、問われたことが経験を積んだことだったり、

日頃から考えていたことだった場合には答えられる。

 

しかし、ぜんぜん違う分野だと答えられない。

だから、自分がすぐに答えをだせなくても馬鹿とか、能力が低いとか考えなくても良い。

 

単に経験がすくないだけなのだから。

そのかわりに、今学ぶということ。

 

最近、それに気がついたのだった。