nishiikatsumi’s diary

Long Live Reading Books and Programming

『退屈すれば脳はひらめく』を読んで

BBCのニュース記者として活躍し、テクノロジーポッドキャストの編集ディレクターとしても活躍しているマナージュさんが書いた本です。

 

この本は次の3名の方に読んでほしいと思います。

①何故か最近疲れを感じるようになった方

スマホに夢中の方

③夜睡眠で熟睡できない方

 

この本は、著者の個人的な体験が元になっています。著者がスマホ中毒になっていて、どうやって脱出していくかをまとめています。

それを1週間のステップでわかりやすくまとめています。

 

それを取り上げると、次のような内容でまとめています。

①1日目、自分を観察しよう

②2日目、移動中はスマホをしまおう

③3日目、写真を撮らずに1日を過ごそう

④4日目、例のアプリを削除しよう

⑤5日目、フェイクケイション(偽休暇)をとろう

⑥6日目、いつもと違うものを観察しよう

⑦7日目、プログラムメニューまとめ

 

著者は結婚、出産、子育てで多忙な日々を送ることになり、当初イメージした生活ができなかったエピソードから始まります。

本の内容は、上に挙げた項目に沿って展開していきます。スマホでがんじがらめになっている自分に気づいて、生活を改善してしまうことを提案しています。

そうはいっても、普通の人はどうしていいかはわからないと考えて、懇切丁寧に解説してくれています。

 

読んだ感想としては、著者がニュース記者ということもあり、著名人とのインタビュー、文献調査を始めとした内容が多数あり、このブログ記事だけでは紹介できないほど掲載されていました。

特に、アップルの創業者のスティーブ・ジョブズが、自分の子供たちに対して、インターネットをはじめとしたテクノロジーを制限しているという話は、かなり印象に残りました。

スマホの害悪が噂された通り、本当かどうかは、未だ調査中で、最終結果はまだ得られていないとのこと。ただし、状況証拠のみだけど、スマホ中毒は結構実生活に影響を与えると感じました。

 

で、紹介されたステップのうちのいくつかを実践してみました。

で、何をやったかというと、②の移動中はスマホをしまおう、と④の例のアプリを削除しようの二つです。

特に、例のアプリを削除しようは、とてもいいアドバイスでした。このアドバイスに基づいて、ツィッターを削除したのですが、疲れ方が大きく変わりました。

 

ツィッターは、情報を収集するのには便利なツールですが、情報の受け手になると、多数の情報を無防備に受け取るようになります。

そして、気がつかないうちに、脳に過大な負荷をかけていたことを著者に教えてもらうことになりました。先日まで、なぜこんなに疲れるのかと思った日々が信じられないくらいです。

非常にありがたいアドバイスでした。著者に感謝です。

 

もっとも、スマホ中毒は相変わらずで、1日のうちのかなりの自由時間をスマホで過ごしていますが、著者のおかげで、徐々に生活の質が向上してきています。

もう一歩踏み込んで、生活の質を上げていきたいものです。

 

再度繰り返しますが、この本は最近疲れがたまっている方や自由時間がないという方にオススメです。

スマホに縛られない、自分の意思でライフを作るようにしていきましょう。

 

著者のマナージュ・ゾモロディさん、翻訳家の須川綾子さん、装画担当の上路ナオ子さん、装幀担当の美奈さん、校正担当の酒井清一さん、本文組版担当の天龍社の皆様、編集協力の奥村育美さん、印刷担当の亨有堂、近代美術の皆様、製本担当のブックアートの皆様、最後にNHK出版の皆様、力を回復させてくれるアドバイスに満ちた本を出版していただきありがとうございました。

 

この本の販売ページのリンクはこちらから。 

退屈すれば脳はひらめく―7つのステップでスマホを手放す

退屈すれば脳はひらめく―7つのステップでスマホを手放す

 

 

kindle版はこちらから。

退屈すれば脳はひらめく 7つのステップでスマホを手放す

退屈すれば脳はひらめく 7つのステップでスマホを手放す

 

 

『お金持ちの教科書』を読んで

 今回、紹介するのは、脱サラをしたのち、コンサルティング会社を立ち上げた加谷珪一さんの本です。

 

 そもそもお金持ちの教科書といっても、肝心のお金持ちを見ることが、普段あまりないと思います。著者がこの本で示してくれたお金持ちの姿は意外かもしれません。

 

 ですが、興味深いのです。

 なんと、お金持ちには、お金持ち特有の考え方や習慣というものがあるとのこと。それらを読者に丁寧に教えてくれています。

 お金持ちは常識に縛られないキャリアを持つことが多いので、一人一人を個別に考えたときには、参考になるかというと、真似してみて、イマイチな結果になることもあったりしますよね。

 

 著者自身もサラリーマンから起業してお金持ちになっているので、根拠があります。

 この本では、150人のお金持ちの方からのヒアリングをもとにしています。

 著者は一人一人を見るのではなく、モデル化を試みていて、この本の中で紹介される事例は、私たちでも近づけると感じしました。

(ただし、実際に行動するとなると、相当の覚悟が必要だとも実感しました。)

 

 お金持ちから情報を得るには相当苦労された感じあります。なぜなら、お金持ちはそれだけでも嫉妬の対象となるので、ヒアリングをしても、適切な回答を得ることが困難だったとのことです。嘘を乗り越えてまとめた内容は、何回も読む価値があります。

 

 でも、私がこの本を読んで、著者の言うお金持ちになれるか?というと、この本を読んで絶望を感じました。しかし、この本のおかげで、今後のライフの質は向上は期待できそうです。しかし、お金持ちになるのは無理です。

 それが、なぜ無理なのかというと、お金持ちは、時間、お金の投資を真剣に検討して効 果を得る努力をし続けます。しかし、私はやってこなかったからです。

 お金持ちの選択は非常に合理的かつ反論できないレベルのものなのです。一般人とはレベルの違うこだわりを垣間見ます。(ある種のわがままかもしれませんが)なので、この本の最後に付けられた、一般人向けの対策の一つを実践していきたいと思っています。

 

 私にとっては衝撃的な内容ではありましたが、無駄というわけではありません。

 お金持ちの時間に対するこだわり(収入が上がってくると時給からみた時間感覚が大きく変化する)、お金に関するこだわり(人にご馳走することはあっても、その際に付き合うべき人脈を冷徹にチェックする)などは参考になると思います。

 

特に印象に残ったのは、以下の項目でした

  1. お金持ちが電車やバスに乗らない理由
  2. お金で命は買うことができるのか?
  3. お金持ちになりたければ都心に住め

これらだけではない行動パターン、考え方の数々が列挙されていて、参考になりました。面白かったのは、お金持ちは優秀な人を恐れず、自分のために働いてもらうことを考えている点でした。常に人に使われるよりも、人を使うことを考えるということは新鮮な考え方でした。

 また、お金持ちは合理的な選択を行うために、数字に強いというのも驚きでした。本の中でも取り上げられていますが、金融商品、保険の選択のために、今後発生しうる病気などの事態の発生可能性を調べて、最悪の事態にどうしておけばいいかという方針を明確にしているのです。

 そして、お金持ちは根性とかを信用せず、トラブル対応の時などには仕組みを作っておくという話も参考になりました。この話では、社長とダメ社員の取引に対する方針の差異が語られていて、なあなあで終わらせようとするダメ社員に対して、キチンとした仕組みを作り、2度と無駄な取引コストを発生させないことを試みようとする社長との違いを痛感しました。

 お金持ちになれるセンスは、だいたい20代あたりで決まるとのこと。40代以降の私ではほぼ絶望ですが、合理的な選択へのこだわりを実践する意味はあります。

 お金持ちのセンスは、一般人には身につけることができないと思われますが、最終章に紹介された庶民でも取り組めるアイデアは、庶民にとって必読だと思います。稼ぐ力を身につける上で、かなり参考になります(ブログなどでの活動など)。

 この本は20代、30代の方に強力にプッシュしたい本です。(生き方が変わります)

 

 著者の加谷珪一さん、企画協力の企画のたまご屋さんのスタッフのみなさま、校正・校閲の鷗来堂のみなさま、越智恭子さん、担当編集者の土居悦子さん、株式会社CCCメディアハウスの皆様、日々のお金の使い方をよりよくしてくれる本を提供してくれてありがとうございました。

 

なお、この本のアマゾンへのリンクはこちらから 

お金持ちの教科書

お金持ちの教科書

 

 

 Kindle版はこちら 

お金持ちの教科書

お金持ちの教科書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詐欺の手口は進化する

Twitter経由で知った情報。


詐欺師が、クレジットカード会社の社員を装い、電話かけて、個人情報を取得しようと試みる。

当然かかってきた被害者は、何も知らないし、何もしていないので、ちょっとしたやりとりを行うことになる。被害者は正確な情報を知りたいが故に個人情報を出す。

詐欺師は、クレジットカードの偽装されているという嘘の情報を知らせて、楽々個人情報を取得したのちに、詐欺に持ち込んでいく。


もっと、正しく知恵を使えば、お金持ちも夢ではないのに。

恐るべき催眠

本田晃一さんの新刊を読んだ。その中で知ったのは、幸せになるのに苦労は必要ではないという事実だった。

 

苦労してこそというイメージは、幼い頃からアニメや漫画などで植え付けられる。このイメージのために本来は背負う必要もない苦労を背負っていた。

 

見方や考え方を変えるだけで幸せになれるということを改めて感じた。そしてもうこうしたイメージに囚われないと決意するのだった。

日本の夜の経済の衰え

今週の日経ビジネスの特集がこれ。消費者が夜の街に繰り出して消費活動を行わなくなったことによる問題点を指摘する。

 

若者のライフスタイルが変わったことも書かれていたが、やはり30年前と比較して、お金が回らなくなったことが大きいと感じている。効率の悪い消費活動ができなくなったと。

 

いずれにせよ、日本人の睡眠時間が長くなっていることはいいことで、悲観することではないような気がする。

報道と比較して

9月8日に品川で開催されたシノプシス合同会社のユーザーズミーティングに参加した。

 

そこで得た情報をは開示できないのだが、そこで印象に残ったのは、東芝関連会社の社員のアグレシッブさだった。

 

連日の報道とはまったく異なる何かがあると感じた。何だろう。

動線を意識して

数ヶ月前に、本間さんの本を読んだ。本の中で掲載されている整った部屋を見ながら羨ましいと思った。


なので、さっそくこの方の教えを実践してみたのが、3か月前のこと。

本間さんの教えは、次の二つに要約されると勝手に思っている。

●動線を意識してよく使うものを近くに集めて配置する。

●ハサミなどの頻繁に使う道具は、なるべく複数箇所に配置する。


前者の教えについて実践。何をやったかというと、衣類を一つの部屋に集めた。今まで、あちこちに行ったら来たりしながら、着替えるのをやめた。

効果はバツグンでした。これオススメ。衣類だけでも効果あったので、他のものでも実践することを企画中である。疲れなくすむので。



写真でわかる!  家事の手間を9割減らせる部屋づくり

写真でわかる! 家事の手間を9割減らせる部屋づくり